関電ガス 大阪ガス 

関西電力本店
電気についで,ガスも自由化されました、昨年4月のことですが

ご存知のようにプロパン、都市ガス大口需要家については既に自由化されています。

今回の自由化については、最終的に都市ガスの最終小口需要家である一般家庭まで自由化される、

厳密にいうと小売りの自由化がされるということでしたネ。

一般家庭では料金が安くなるというメリットが宣伝されていますが、

一般家庭2~4人世帯で5~6千円の数パーセントが月々安くなって毎月数百円、年間数千円安くなるといわれて

自ら動いてまで申し込みの行動に移るほどの魅力はなかろうと思うのですが・・・、

昨年1年間に我が家に来たセールスでガス変えませんかというセールスが一人もいないと聞いて、

やはり一般家庭までセールスが動いて勧誘するほどのメリットもないサービスと、売る側でも考えているのだろうか。と私は考えていたのですが・・

年が明けて今年から毎週一人ぐらいはこのセールスが来ているそうで、

私も出くわしました、わづかな金額のことで時間を割く気もありませんし、居留守しましたが、

何にも知らないままほっておくのも、社会人として恥ずかしかろうという思いでblogに上げました。今更遅すぎる感は有りますが、

とはいっても、一番目に興味は「なんぼ、安なんねん」大阪弁でいうとこれだけです、

特殊私的興味のみでの調べですので、そのつもりで読んでください。

一般家庭では次の契約を大阪ガスとしている人以外は確実に安くなります。

次の契約とは

エネファームやエコウィルといったガスを使った発電設備に対する割引プラン

ガス式の床暖房やファンヒーターに対する割引プラン

以上の契約を大阪ガスと結んでいる方は反対に高くなります。

関電ガスに問い合わせると「中には特殊ですが安くなる方もおられます」という返事が返ってきます。(「GAS得プラン エコジョーズ料金」からの乗り換えなら関電ガスの方が安くなる可能性があります)

料金的な話ですと実際のガスの料金表を比較すれば一目瞭然ですので掲載しておきます。

関電ガス「なっトクプラン」、大阪ガス「一般ガス料金プラン」料金比較

料金表 1ヶ月のガスご使用量 関電ガス・基本料金 大阪ガス・基本料金 関電ガス・従量料金(税込) 大阪ガス・基準単位料金(税込)
単位 1件につき
0m3から20m3まで 745円10銭 745円20銭 175円15銭 191円14銭
B 20m3をこえ50m3まで 1243円70銭 1337円40銭 150円22銭 161円53銭
C 50m3をこえ100m3まで 1249円20銭 1595円90銭 150円11銭 156円36銭
D 100m3をこえ200m3まで 1658円20銭 2021円90銭 146円02銭 152円10銭
E 200m3をこえ350m3まで 3004円20銭 3423円90銭 139円29銭 145円09銭
F 350m3をこえ500m3まで 3308円70銭 3738円90銭 138円42銭 144円19銭
G 500m3をこえ1000m3まで 6263円70銭 6818円90銭 132円51銭 138円03銭
H 1000m3をこえる場合 6573円70銭 7138円90銭 132円20銭 137円71銭
          エネチェんジより抜粋

 

基本料金と単位料金のどちらも、大阪ガスより割安になっていますね。これは、都市ガスを切り替えるだけでお得になりそうです。

 

大阪ガス本社

ガス販売自由化といっても大阪ガス管内は、競合他社は関西電力の瓦斯会社1社だけですから、はっきり言って寡占状態であることは変わりません。

料金の方も安くしてあるとはいっても、自由競争の結果なのでしょうか?と憶測してしまいます。

それにつけても2社になることで、他社に乗り換えれば、定期点検と称して長々と室内に居座られるガス販売店の担当者と縁を切りことができるでしょうし、

数年前からコンセントを抜いてある、誤作動ばかりしていたガス警報器を返却する、いいタイミングになるかと思っています。

危機管理即ち事故時の対応、工事初期費用などは新電力に切り替えと同様のイメージで良さそうですし、つまるところガス代の支払先が大阪ガスから関電ガスへ変更されると考えて間違いはないと思います。

たぶん私も、暇なときに関西電力のホームぺージからシミュレーションして、申込することもあるでしょう。

関電ガス 大阪ガス ” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。