梅雨の季節を楽しもう

梅雨から初夏にかけての楽しみ

緑あふれる梅雨から初夏にかけては、季節の植物と虫の観察を楽しむのに最適な時期です。

雨の多いこの時期には、アジサイの花が咲き、その葉っぱにはカタツムリやカエルなどの生き物がやってきて私たちの目を楽しませてくれます。

雨が降った日には植物園などでアジサイの種類ごとの美しさを楽しんだり、こどもたちとカタツムリの観察をして楽しんだり、雨の日ならではの思い出作りをしましょう。
初夏にかけては川辺で蛍が楽しむこともできます。

梅雨の風物詩、アジサイの花を愛でる

梅雨のこの時期、全国ではさまざまな地域でアジサイまつりがおこなわれます。

関東地方ではとしまえんのアジサイ祭のほか、立川の国営昭和記念公園、築地近くの浜離宮恩賜庭園、つつじヶ丘の東京都神代植物公園、分倍河原の府中市郷土の森博物館、東向島の向島百花園などでアジサイを愛でるイベントが行われます。

アジサイの種類は様々で色とりどりの花を楽しむことが出来ます。

美しいアジサイにはカタツムリたちも寄ってきて、かわいらしい姿が観察できるでしょう。
蛍を見るにはまだ早い時期でも、季節の植物と虫たちを楽しむことが出来ます。

美しい栽培品種のアジサイもおすすめです

たくさんのアジサイの種類を楽しむなら、栽培品種のアジサイもおすすめです。

日本で昔から愛でられてきたガクアジサイ以外にも、近頃では外国産の新しい品種のアジサイが販売されていて、花屋で購入することができます。

色はうすい紫、濃い紫、ピンク、白、水色や中には淡いグリーンをしたアジサイも人気で、形も様々です。いろんな色や形のアジサイを窓辺に置いて、カタツムリや蛍などの季節の植物と虫を、家庭で楽しむのもおすすめです。

こどもの自由研究にも!

梅雨から初夏にかけては、さまざまな季節の植物と虫をこどもと一緒に楽しめる季節です。

たくさんのアジサイが咲くこの季節には、こどもの自由研究のテーマとして、こどもと一緒にアジサイの種類について学んだり、カタツムリやカエルなど、梅雨の季節に特有の動物や昆虫の観察会に参加してみたりして楽しむのがお勧めです。

この時期にはアジサイの花を使った紫陽花染のワークショップなどが各地でかいさいされるので親子で参加するのも素敵ですね。
初夏に近づけば蛍も出てくる季節になりますから、蛍を見に行くのも良い思い出になるでしょう。

雨上がりは初夏の風物詩、蛍観察に行こう!

梅雨がおわり、初夏がやってくれば蛍観察に出かけましょう。

野生の蛍は年々減ってきていますが、蛍の観察ができるスポットがあります。
たとえば、港区の白金プラザ会主催の天の川蛍祭や新宿のおとめ山公園、文京区のホテル椿山荘東京 、 墨田区のほたる観賞の夕べ など、東京都内でもたくさんの蛍観察イベントが行われていて、実際に蛍を見ることが出来ます。

蛍のほかにもアジサイやカタツムリなど季節の植物と虫を楽しむのもよいでしょう。さまざまなアジサイの種類をみて楽しむのもおすすめです。