敬老の日の由来と孫からのおすすめプレゼント

敬老の日の始まりは

敬老の日を知っている人がほとんどですよね。おじいちゃんおばあちゃんに感謝したり、プレゼントをあげる日です。そして、敬老の日は兵庫県多可郡野間谷村で提唱、行われていた敬老の行事の「としよりの日」が始まりとなっています。そして、小さな村ではじまったこの慣習が1950年からは兵庫県全体で行なわれるようになり、その後は全国へと広がっていきました。ですが、としよりという表現はあまり良い言葉ではないと言われ1964年に「老人の日」と名前が変わりました。これが老人の日になった由来です。老人の日は孫からプレゼントをすることが多いのでどんなプレゼントにしようか迷ってしまいますね。では、どんなプレゼントが喜ばれるか紹介します。

プレゼント①似顔絵

敬老の日にあげるプレゼントといっても孫は基本的にお金がないので、高価なものをあげることは出来ません。もちろんおじいちゃんおばあちゃんも孫からのプレゼントで高価なものを望んではいないと思います。そこでプレゼントとして喜ばれるものは孫が書いた似顔絵です。おじいちゃんおばあちゃんのために一生懸命書いた絵は絶対に喜びます。大きくなったらなかなか書いてくれなくなるのでとても貴重なものになるでしょう。孫が小さいうちにしかプレゼントしてもらえないこともあり、すごく喜ぶので、とてもおすすめです。敬老の日の由来からお年寄りを労わることが大切なので是非、書いてあげましょう。

②手作りお菓子

もし、孫が女の子なら手作りお菓子もおすすめです。孫の手作りは嬉しいものなので、敬老の日に是非、おすすめしたいですね。もちろん難しいものでなくても構いません。簡単なクッキーやホットケーキミックスで作れるお菓子でも孫からのプレゼントなら喜んでくれるので、お菓子作りが好きな子は作ってあげることをおすすめします。子どもが小さいならお母さんと一緒に行い、子どもが高学年なら一人でも作れますね。さらに、メッセージカードを添えると良いですね。もちろん短い言葉でOKなので、敬老の日の由来のように感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

③孫の成長写真

敬老の日の由来はおじいちゃんおばあちゃんを大切にしようという意味がありつけられました。そのため、孫からプレゼントされるとすごく嬉しいですよね。プレゼントとしておすすめなのは写真アルバムです。最近撮った写真をアルバムにしてオリジナルアルバムを作ってあげるといいですね。特になかなか会えない祖父母は孫の成長をなかなか見られないものです。1年の成長の写真を貼るとおじいちゃんやおばあちゃんも喜びます。出来ればおじいちゃんおばあちゃんが一緒に写っている写真を見せてあげるとさらに喜ぶので、おすすめです。孫の成長した写真を貼って贈ってあげてくださいね。