日本のハロウィンの由来や時期、状況

ハロウィンの由来

日本のハロウィンの時期には最近だと色々なイベントが行われるようになりましたが、由来に関しては割りと諸説あるのが面白いですね。現場状況なども調べてみたりもするのですが、中々西洋のお祭りとなっているのでどのようにして日本に馴染んて入ってきたのかは難しいのですが、日本だと公的なお祭りやイベントが少ない季節という点も影響をしているのでしょう。ハロウィンに関しては古代ケルト人の文化となっているのですが、収穫祭や悪魔祓いの儀式となっているので、その点を考えると日本のハロウィンはよりライトなイベントで明るい雰囲気になっていますね。

海外のハロウィン

日本のハロウィンは大人なども楽しむものとなっていますが、トリック・オア・トリートという言葉で子供がお菓子を貰うという風習の方が海外だと強いイベントなっています。由来に関しては儀式的なものよりもこのような子供が楽しめるお祭りとなっており、海外の現場状況からも10月末の時期にもなると子供がそわそわしたり、仮装イベントなどでとても明るいお祭りになるみたいです。

自分はその季節に海外などに行ったことがないのですが、最近だとネットなどで海外のハロウィンなどのお祭り動画なども簡単に見れるようになったので、この辺も参考にして見ると楽しいですよ。

日本のハロウィンの由来

日本のハロウィンの由来にも諸説があるのですが、1970年台にサンリオの会社がキャラクタービジネスとしてハロウィンを取り上げたことから人気に火が付いたということを母親から知りました。

当時のキディランドの現場状況も母親が体験していたそうですが、やはり仮装的で幻想的な雰囲気はその70年台ではとても新鮮なものとして写ったそうです。時期に関してはこの頃から10月末日としてのイベントとなっていたのですが、キディランドということもあり都心部でのイベント中心であり、全国規模という雰囲気ではなかったそうなのは驚きですね。

日本のハロウィンの拡散

日本のハロウィンの由来や流行に関しては、2000年に入ってからメディアなどの発展によってクリスマスなどと一緒に爆発的なブームとなった経験があります。また西洋的なアミューズメントとしてはディズニーも人気があるのですが、こちらでもハロウィンイベントと定期的に行っており、この辺も含めると2000年あたりから時期的なイベントとして根付いた感じはあります。

また最近のハロウィンの現場状況を見てみると、コスプレなどをしている方も多い祭りとなっているのもここ最近の動きだと思います。渋谷のスクランブル交差点ではハロウィンイベントで色々な仮装が見れるので、スマホなどの文化も合わせて馴染みやすく拡散しやすくなっているのも2000年代から流行った理由なのでしょう。