盛りだくさん, 4月のイベント

 4月といえば、入学式、入社式、遠足、運動会と、大切であったり、楽しかったりと・・・、
いずれにしても人生の思い出に残るイベントが盛りだくさん、そこでちょっと一言。

入学式は写真に撮っておこう
4月のイベントと言えば、各地の桜祭りや春の祭りが思い浮かびます。
その他にも4月は遠足そして運動会にもピッタリな季節と言えます。

こと学校や会社に限っては、新しい年度という事もあり入学式・入社式などは重要なイベントとなっています。

入学式の場合は小中学校や高校など様々ですが、やはり人生の中でも思い出深い事柄になる事でしょう。

入学式の写真は、アルバムの中の大切な必需品となりますから、自分用にしっかり写真を撮っておくと良い記念となります。

入社式は挨拶が大切
遠足や運動会など4月のイベントには割と楽しいものが目白押しです。
そして春は始まりの季節ですから、新しい人と知り合う季節とも言えます。

入社式の場合、学校の入学式と違って堅苦しいイメージもあるでしょう。
新入社員の方にとっては、社会という未知の世界の入り口ですからそれも無理はありません。

どんな挨拶をすれば良いのか、というと基本は真面目に元気に話すのが好ましいでしょう。
しかし職場によっては、ユーモアなどが好まれる事もあります。

臨機応変に対応して、会社の方々に良い印象を残していきましょう。

遠足は学生の一大イベント
入学式が無事終わった新入生にとって、次の大きなイベントと言えば遠足が挙げられます。

新入生・一年生が遠足に行く理由は、生徒同士が交流を深めるためというのが大きな意味を持ちます。


遠足の前日は興奮して寝られなかった、という方は結構多いのではないでしょうか。


しかし4月のイベントというのは意外と悪天候が多いものです。

運動会などでも春なら、秋と同じくらい雨の恐れもあります。

しかし4月は台風シーズンでは無いので、秋よりも連日悪天候になりにくいというメリットがあるのです。

4月に運動会をするメリット
春は気温も上がってきて、運動をしやすくなる季節です。
そのため、4月のイベントにはスポーツ関係も多くあり健康維持にもってこいでしょう。

入社式の場合は当てはまらないでしょうが入学式だと一年生も、春の遠足が終わった後は運動会があったりします。

時期は5月もしくは4月の終わり頃に多いのですが、この時期だと秋よりも熱中症になりにくいメリットがあります。

実は紫外線は秋よりも多いのですが、激しい運動の中ではやはり熱中症を避ける事が大切と言えるでしょう。

まとめ
いかがでしたでしょうか?

入学式や入社式が行われる4月は、区切りとして非常に重要な月だと言えます。

その一方で4月のイベントには、遠足など楽しいイベントが多くあります。

学生時代に思い出に残った出来事として振り返った時に、遠足の思い出はかなり印象深く残る方も多いです。


運動会も皆で盛り上がる機会ですから、やはり思い出にしっかり残るものです。


こういった4月のイベントは、これからの人生のターニングポイントになる可能性もありますから大切にして欲しいと感じます。