母の日にカーネーションをプレゼントする意味

2018年の母の日は5月13日です
母の日に日頃の感謝の意味を込めてプレゼントを贈る人は多いですよね。

母の日に何を貰ったら嬉しいのでしょうか?プレゼントする定番と言えばカーネーションですが、

なぜ母の日にカーネーションをプレゼントするのか?カーネションの花言葉はどんな意味が込められてるのか紹介します。

母の日にカーネーションをプレゼントする由来
アメリカにアンナさんと言う女性がいました。
その女性はとても亡き母を敬愛していて追悼会を開きました。

亡き母は「白いカーネーション」が好きだったので参加者に配りました。
アンナさんの母は南北戦争中に負傷した兵を敵味方問わず献身的なケアを行う活動家だったのです。

アンナさんの思いはアメリカ全土に広がり1914年「母の日」が制定されました。

この追悼会がきっかけで亡き母に贈るのは「白いカーネーション」
ご健在の母には「赤いカーネーション」を贈りましょうとなりました。

日本にもアンナさんのメッセージが伝わり、母の日ができました。

カーネションの花言葉
カーネションには8種類と色と色の混ざったカーネションがあります。
・カーネションの共通の花言葉
「女性の愛」「感覚」「感動」「純粋な愛情」

・赤いカーネーション
「母の愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」

・濃い赤のカーネーション
「私の心に哀しみを」「欲望」

・ピンクのカーネーション
「感謝」「上品・気品」「暖かい心」「美しい仕草」

・黄色のカーネーション
「軽蔑」「美」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」「友情」

・オレンジのカーネーシ
「純粋な愛」「あなたを熱愛します」「清らかな慕情」

・白いカーネーション
「尊敬」「純潔の愛」「私の愛情は生きている」「愛の拒絶」

・紫のカーネーション
「誇り」「気品」

・青いカーネーション
「永遠の幸福」

・色の混ざったカーネション
「私はあなたの奴隷になる」「愛の拒絶」

たくさんの花言葉がありますね。色の混ざったカーネションの花言葉はマイナスなものになっていますがアレンジメントにも使われる色です。

メイン色でなければそんなに気にすることはないでしょう。

母の日に貰って嬉しい物ランキング
1位 花
2位 スイーツ
3位 一緒に外食
4位 手紙・メッセージカード
5位 雑貨・洋服・アクセサリー

1位は花でした。私もですが女性はいくつになっても花が好きですよね。

2位にはスイーツです。

3位には美味しいレストランに連れてって欲しいなんて意見もありました。

4位には手紙が嬉しいと回答があり、「気持ちが伝わる」からと回答して頂きました。
プレゼントと一緒にメッセージカードや手紙を渡すと、より感謝の気持ちが伝わりそうですね。

母の日について紹介しました

お母さんに感謝の気持ちがあってもなかなか伝えることって難しかったりしますよね。
その感謝の気持ちを母の日であれば伝えられる良い日です。

私は毎年メッセージカードを添えて花をプレゼントしているのですが、
母はそのカードを大切に持っていてくれています。

ぜひ、母への贈物にはメッセージカードや手紙を一緒にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
2018年「母の日」は5月13日です!