浴衣の帯の結び方をご紹介!

さまざまな帯の結び方!

花火大会や、夏祭りなどのさまざまな夏限定のイベントに着ていく事が出来る浴衣、そんな浴衣ですが、帯の結び方はなかなか難しそうで浴衣を着て出かけるのがおっくうになりますよね。

ですが、正直着物などと比べると浴衣の帯の結び方はそれほど難しいものではありません。

その中でも意外と簡単にかわいくアレンジできたりするものもございます。帯締めも様々なかわいらしい物が売ってあります。

そして誰でも少し練習すれば簡単に結べるようになります。

なので今回はそんな簡単な結び方を知らない皆様の為にも、浴衣の帯の結び方の種類などをご紹介したいと思います。是非参考にしてみて下さい。

文庫結び

文庫結びは浴衣の帯の結び方の中では非常に定番の結び方になります。そしてとっても伝統的な結び方で是非覚えておきたい結び方の一つです。

武家女性の帯結びとして長く続き、現代では結婚式の打掛の下の帯結びになっています。振袖は中振袖や小振袖に合わせるとよく合います。

プライベートなどの大事な日にはもってこいの結び方となっております。さまざまな浴衣、帯締めなんかもお好みで合わせるとよいでしょう。

是非かんたんでおすすめなので覚えてみて下さい。

花文庫

次の浴衣、結び方のご紹介は花文庫です。帯締めを合わすとかわいく仕上がります。

こちらは上記で紹介した、文庫結びの上に羽根を重ねた、かわいらしい帯結びとなっております。文庫のアレンジとして簡単にできます。

また、羽根をたたむ時に裏が出ますが、左右色の違う羽根でもアクセントになり、とても華やかになります。

上下の羽根の長さのバランスや、羽根の仕上げ方によって、色々な表情が作れます。帯の長さによって変化させてみるのも良いでしょう。

このように花文庫だけでも自分仕様に様々な形に変化させることが出来る結び方の一つとなっていますので是非おすすめです。

一文字結び

次の浴衣の結び方のご紹介は一文字結びとなります。

この一文字結びは見た目で言えば、文庫結びの帯が垂れていないバージョンのものとなっています。

そしてとってもキリっとしていて、スタイリッシュな結び方となります。スタイリッシュな浴衣、帯締めを合わすことで更にスタイリッシュで美しい物になるでしょう。

結び方もとっても簡単なので、初心者の方にも大変おすすめな結び方の一つとなっております。

そして簡単な割にはとっても型崩れしにくく人込みばかりの夏祭りや花火大会にはもってこいの結び方となっております。

貝の口

続いてご紹介しますのは、貝の口。この貝の口も着崩れ知らずで安定感が抜群の粋な帯の結び方です。

なので夏祭りや、花火大会などの人込みを歩くにはもってこいの結び方となっております。

更に結びの部分が平面となっておりますので、食事の際や休憩の際などには安心して椅子に腰かける事ができます。

他の結び方と比べて少し見た目が地味なものになりますが、そういった浴衣、帯締めなどに合わして子の結び方をアレンジしてみてはいかがでしょう